IKAニュース速報 – IKA Online

亡くなられた人…県警調べ=31日発表分

Tuesday, May 27, 2008

31日の発表分。県警調べ(敬称略)。 【岩手】 福田キエ子(68)(陸前高田市高田町)▽佐々木ヒラ子(83)(同)▽宮城徳子(79)(同)▽藤原富多男(81)(陸前高田市米崎町)▽志田初江(46)(同市高田町)▽菅原とも子(47)(同市米崎町)▽柴田田鶴子(59)(同市高田町)▽中名生喜美子(53)(同)▽後藤直子(62)(同)▽菊池寿修(67)(同)▽菅野眞治(67)(同)▽菅野文吾(85)(陸前高田市気仙町)▽村上幸喜(47)(大船渡市大船渡町)▽菅原淳(29)(陸前高田市高田町)▽菅原喜代子(80)(同)▽白山和也(23)(同)▽村上征二(70)(陸前高田市気仙町)▽大塚トナミ(94)(同)▽大友ヨシ子(64)(陸前高田市高田町)▽和田慶子(83)(同)▽金野チトセ(90)(陸前高田市竹駒町)▽菅野隆雄(80)(同市高田町)▽白山ツヤ子(78)(同)▽荒谷幸弘(50)(大船渡市大船渡町)▽坂井玲子(76)(陸前高田市高田町)▽上部郁雄(83)(同)▽中野清美(38)(陸前高田市気仙町)▽佐藤仁(71)(同市高田町)▽志田頼男(74)(同)▽佐藤ノブ子(89)(同)▽坂井宏(82)(同)▽村上隆(75)(同)▽鶴島哲夫(78)(同)▽小平且子(78)(大船渡市三陸町)▽伊勢大義(67)(同市大船渡町)▽伊勢あい(64)(同)▽佐藤源吉(82)(同)▽山本フジ子(54)(宮古市田老)▽佐々木シホ(92)(同)▽畠山仁三郎(73)(同)▽前川寛(69)(同)▽佐々木典子(66)(同)▽田代有治(87)(山田町)▽佐々木泰治郎(85)(同)▽篠澤則義(75)(同)▽松原カナ(72)(同)▽高橋徳治(74)(同)▽白土盛(73)(同)▽古舘淳雄(81)(大槌町)▽吉田朝子(63)(同)▽澤舘喜代治(78)(同)▽古舘千華(3)(同)▽藤原恭平(75)(同)▽植田節郎(80)(釜石市箱崎町)▽橋本祐子(40)(久慈市門前)▽菊池由美子(54)(釜石市鵜住居町)▽福士宏子(67)(同)▽菊地嘉昭(79)(同)▽古川優子(32)(同)▽紺野克則(63)(同)▽佐々木章男(76)(同)▽竹澤喜代志(78)(大槌町)▽煙山昌子(73)(同)▽上野正夫(54)(青森県八戸市)▽平野愛子(83)(大槌町)▽荒井廣造(84)(同) 【宮城】 相澤恵美(41)(名取市閖上)▽相澤正(75)(同)▽相澤由紀(57)(同)▽相澤容子(62)(同)▽相澤好子(54)(同)▽相澤良一郎(74)(石巻市北上町)▽青柳慶志(75)(同市湊)▽青柳安治(86)(亘理町荒浜)▽我妻弘(57)(石巻市垂水町)▽安倍昭次郎(83)(同市大宮町)▽阿部和也(25)(同市新館)▽阿部きみよ(82)(南三陸町歌津)▽阿部健吉(99)(石巻市雄勝町)▽阿部昭治(84)(同市長浜町)▽阿部澄子(67)(気仙沼市最知)▽阿部健(71)(女川町女川浜)▽阿部信子(77)(石巻市南浜町)▽阿部ハシメ(81)(名取市閖上)▽阿部フミ子(70)(石巻市伊勢町)▽阿部文夫(76)(南三陸町歌津)▽阿部雅昭(60)(石巻市緑町)▽阿部政榮(67)(女川町鷲神浜)▽安部学(31)(名取市飯野坂)▽阿部萬之助(88)(名取市閖上)▽阿部康幸(44)(石巻市鹿妻北)▽阿部優愛(7)(同市三ツ股)▽阿部雄治郎(77)(同市狐崎浜)▽阿部佳子(48)(同市三ツ股)▽阿部義人(68)(同市川口町)▽安倍良子(82)(同市大宮町)▽荒川孝行(27)(名取市閖上)▽安海智志(12)(石巻市渡波)▽安齋繁(62)(名取市閖上)▽育村弘美(69)▽石井きよ子(85)(石巻市雄勝町)▽石川ハマ子(81)(同市門脇町)▽石田信雄(87)(名取市閖上)▽石森光留(49)(石巻市南浜町)▽和泉睦夫(79)(同市鮎川浜)▽市川加奈美(17)(名取市閖上)▽伊東壽明(64)(同)▽伊藤泰子(64)▽伊藤由美子(41)(名取市閖上)▽伊東ヨネ子(同)▽伊藤諒人(0)(同)▽猪又わかな(6)▽入江雄圭(67)(石巻市長面)▽岩佐学(19)▽岩佐良一(71)▽岩崎とよ子(55)(石巻市南浜町)▽岩渕真名(23)(気仙沼市本吉町)▽上田守次(72)(石巻市中央)▽浮津勝子(72)▽浮津幸好(56)(石巻市水沼)▽内海牧郎(83)(東松島市野蒜)▽江刺家光彦(43)(仙台市泉区上谷刈)▽遠藤一生(15)(名取市閖上)▽遠藤和子(67)(石巻市十八成浜)▽遠藤國雄(78)(名取市閖上)▽遠藤伸治(53)(石巻市長浜町)▽遠藤武志(64)(名取市閖上)▽遠藤登美子(64)(石巻市大宮町)▽遠藤はつよ(75)(名取市小塚原)▽遠藤真由美(40)(石巻市南浜町) ▽及川とき子(69)(南三陸町志津川)▽生出郁将(26)(石巻市向陽町)▽大石輝男(86)▽大内さつき(名取市上余田)▽大内千佐男(71)(同市閖上)▽大澤麗子(78)(石巻市湊)▽大槻茂子(65)(同市針岡)▽大友ミサヲ(81)(名取市閖上)▽大友光男(58)(仙台市若林区種次)▽大友光弘(81)(石巻市鹿妻北)▽大久智(76)(名取市愛島笠島)▽岡裕美(32)(石巻市北上町)▽尾形勝四郎(73)(東松島市野蒜)▽尾形さだへ(88)(石巻市中屋敷)▽尾形淑子(72)(同市大門町)▽小野和枝(60)(亘理町荒浜)▽小野広子(74)▽小野寺きみ子(72)(南三陸町戸倉)▽小野寺清美▽小野寺コハル(80)(気仙沼市長磯浜)▽小野寺静子(83)(石巻市雄勝町)▽小野寺千鶴子(80)(同)▽小野寺喜美夫(70)(仙台市宮城野区蒲生)▽小畑正(74)(名取市閖上)▽小原聖也(27)(同)▽小山英子(65)(石巻市南浜町)▽葛西潤子(41)(同)▽勝又清枝(50)(石巻市松原町)▽勝又文子(63)(同市渡波)▽勝又麻未(24)(同市松原町)▽加藤加代子(44)(同)▽加藤壮(25)▽川下孝子(67)(仙台市宮城野区蒲生)▽川村貞(92)▽菊田キミヨ(気仙沼市長磯森)▽菊地京子(55)▽菊地隆(57)(亘理町荒浜)▽菊地忠八(78)(石巻市新富町)▽菊地春美(62)▽菊地美千代(58)(石巻市蛇田)▽木皿和子(52)(名取市閖上)▽木皿大輔(22)(同)▽木島研(45)(仙台市泉区高森)▽木村勝子(71)(石巻市南浜町)▽木村英子(86)(女川町女川浜)▽木村昭二(76)(石巻市渡波)▽国本正信(36)(女川町鷲神浜)▽久保田はる子(79)(南三陸町志津川)▽熊谷いさほ(97)(気仙沼市百目木)▽熊谷英一郎(69)(石巻市大門町)▽熊谷トセ(72)(気仙沼市内の脇)▽熊谷芳興(72)(石巻市浜松町)▽熊谷脩一(24)(同市西山町)▽黒須克江(53)(同市日和が丘)▽小齋貴宏(41)(名取市閖上)▽小齋拓真(2)(同)▽小島亜矢(24)(南三陸町志津川)▽今野茂子(83)(石巻市松原町)▽小斎啓子(73)(名取市閖上)▽小斎實(75)(同) ▽西條高人▽西城きよの(南三陸町志津川)▽西城富夫(76)(同)▽齋藤勘一(81)▽斉藤茂信(74)(石巻市南浜町)▽齋藤淳子(43)(気仙沼市潮見町)▽齋藤鈴子(61)▽斉藤澄子(69)(気仙沼市最知)▽齋藤達夫(46)(同市赤岩老松)▽作間文子(57)(山元町高瀬)▽作間みち(86)▽櫻井行子(35)(東松島市大塚)▽櫻井幸記(69)(同市浜市)▽桜井ソヨ子(73)(同)▽佐々木勝幸(48)(仙台市宮城野区白鳥)▽佐々木かよ子(79)(石巻市大宮町)▽佐々木真一(82)(同市長浜町)▽佐々木なほよ(87)(同市大門町)▽佐々木彦男(77)(仙台市宮城野区白鳥)▽佐々木政吉(81)(石巻市大宮町)▽佐々木学(39)(同市三ツ股)▽佐々木芽生(7)(同)▽佐々木芳樹(27)(石巻市蛇田)▽佐藤有一(78)(南三陸町戸倉)▽佐藤かしら(79)(気仙沼市波路上)▽佐藤さかえ(同市最知)▽佐藤しなを(87)(同市波路上)▽佐藤恒子(71)(同)▽佐藤壽子(57)▽佐藤文江(39)(南三陸町志津川)▽佐藤雅英(57)(石巻市門脇町)▽佐藤みさを(81)▽佐藤孟次(72)(山元町坂元)▽佐藤やえ子(80)▽三條早苗(48)(石巻市長面)▽四野見清司(79)(同市八幡町)▽柴崎久子(72)(名取市閖上)▽島田勇(70)▽嶋田泰子(57)▽嶋田秀樹(31)▽島田まきえ(82)▽庄司須美夫(63)(仙台市宮城野区蒲生)▽庄司はるよ(86)(同)▽庄子みよし(66)(仙台市若林区長喜城)▽白岩セツ(75)(石巻市大街道南)▽白岩幸正(78)(同)▽末永タキ子(70)(女川町女川浜)▽菅井活子(81)(名取市閖上)▽菅井寛(53)(同)▽菅江知子(46)(同)▽菅原かねよ(95)(南三陸町志津川)▽菅原静子(67)(名取市閖上)▽菅原善一(98)(南三陸町志津川)▽菅原ひさ子(68)(同)▽菅原正樹(37)(名取市閖上)▽菅原道夫(83)(女川町)▽菅原由美子(52)(石巻市南浜町)▽菅原義幸(42)(名取市閖上)▽杉山輝子(77)(女川町清水町)▽鈴木あき子(83)▽鈴木和江(55)(石巻市門脇)▽鈴木きよ子(77)(名取市閖上)▽鈴木正一(64)(七ヶ浜町花渕浜)▽鈴木寿恵子(68)(山元町坂元)▽鈴木典子(82)(石巻市雄勝町) ▽須藤かじ子(83)(南三陸町戸倉)▽須藤智子(56)(同)▽須藤美喜夫(54)(同)▽制野きえ子(64)(東松島市浜市)▽瀬川和子(80)(名取市閖上)▽瀬川正男(85)(同)▽関良子(66)▽田岡智充(41)(名取市杜せきのした)▽高橋いせの(92)(石巻市針岡)▽高橋悦子(83)(同市釜谷)▽高橋勝美(67)(東松島市矢本)▽高橋きよ子(82)(石巻市雄勝町)▽高橋邦子(67)(名取市閖上)▽高橋孝夫(75)(南三陸町歌津)▽高橋まさ子(84)(石巻市松原町)▽高橋正弘(45)(気仙沼市長磯)▽高橋やゑ子(88)(石巻市松原町)▽高橋有五(83)(同市湊町)▽高橋怜子(76)(仙台市宮城野区新田)▽武田信子(77)(石巻市浜松町)▽武山うた子(83)(同市長面)▽武山春代(90)(同市北上町)▽舘山清松(86)(同)▽田中亜樹(19)(名取市閖上)▽田松あい(84)(気仙沼市弁天町)▽田松仁(57)▽田村ハル(93)(気仙沼市仲町)▽丹野明美(44)(岩沼市下野郷)▽丹野公太(13)(名取市閖上)▽丹野貞子(78)(同)▽丹野やゑこ(83)(女川町清水町)▽千葉愛子(81)(南三陸町歌津)▽千葉里沙(22)(女川町女川浜)▽千葉美枝(47)(同)▽千葉良太(24)(同)▽千尋喜代子(62)▽塚部義子(73)▽津田仁(32)(東松島市大曲)▽手代木りつ子(74)(同市野蒜)▽土井正樹(17)(同)▽中里正光(86)(石巻市雄勝町)▽中澤幸雄(64)(名取市閖上)▽中野由佳(28)(石巻市渡波)▽中野喜子(33)(同)▽新妻周俊(61)(同)▽西澤典伽(5)(名取市名取が丘)▽沼田香織(15)(同市閖上)▽根子裕誌(34)(南三陸町)▽野嶋光子(87)(名取市閖上)▽野田優真(5)(気仙沼市南郷)▽野田ゆかり(39)(同)▽野村かよ子(86)(東松島市大曲)▽芳賀美和子(59)(名取市閖上)▽橋浦紀雄(70)(同)▽橋浦浩子(65)(同)▽長谷川信弥(75)▽畠山恵美子(32)(石巻市万石町)▽畠山國子(58)(気仙沼市波路上)▽畠山雄(23)(神奈川県川崎市)▽八塚恵美子(67)▽花山智隆(57)(石巻市北上町)▽花輪治夫(76)(同市伊原津) ▽馬場勝由(56)▽土生孝平(68)▽引地喜一郎(69)(名取市小塚原)▽久道ふみ子(74)(石巻市大門町)▽日野スエ子(気仙沼市最知川原)▽日野正(78)(同市最知)▽日野洋(82)(石巻市北上町)▽日野弘美(47)(同市新栄)▽平塚春雄(61)(同市松原町)▽平塚弘子(51)(女川町清水町)▽平塚ルミ(34)(石巻市渡波町)▽平山としよ(87)(仙台市宮城野区岡田)▽廣木智道(29)(石巻市南浜町)▽廣木亮三(66)(同)▽福原友子(21)(名取市小塚原)▽伏見あき(95)▽藤原あさこ(87)(石巻市北上町)▽布田正治(73)(名取市閖上)▽星孝(68)▽星亨(57)(東松島市大曲)▽本田美代子(36)(石巻市大宮町)▽三浦いく子(南三陸町戸倉)▽三浦郁子(81)(気仙沼市波路上)▽三浦永子(84)(石巻市針岡)▽三浦和子(52)(気仙沼市波路上)▽三浦公和(43)(同)▽三浦國夫(南三陸町戸倉)▽三浦順子(52)(東松島市大曲)▽三浦ふよこ▽三浦政勝(79)(気仙沼市波路上)▽三浦やゑ子(79)(南三陸町歌津)▽三浦和孝(31)(気仙沼市唐桑町)▽村上平治(67)(石巻市伊原津)▽飯杉文夫(77)▽森勝郎(71)(名取市下増田)▽森ほのか(15)▽門間政子(75)(女川町女川浜)▽八木田久男(68)(石巻市門脇町)▽八木田嘉子(68)(同)▽八野辺いなを(75)▽山内圭太(18)(女川町石浜)▽山内美佳(45)(南三陸町入谷)▽山形政美(66)(東松島市野蒜)▽山口春樹▽山口美香(28)(石巻市渡波)▽山本真由美(44)(気仙沼市波路上)▽横堀米子(73)(同)▽吉岡厚男(79)(南三陸町志津川)▽吉川智紀(42)(茨城県大子町)▽吉田けい子(89)(石巻市築山)▽渡部政子(69)▽渡辺もと子(71) 【福島】 伊関茂雄(67)(南相馬市小高区塚原)▽遠藤力哉(74)(同市原町区上渋佐)▽小泉喜代子(59)(同市鹿島区北海老)▽菅野美代子(93)(同市原町区萱浜)▽村田マサ子(72)(同市小高区村上)▽中野春美(53)(同市鹿島区南右田)▽木幡敏光(57)(同市原町区萱浜)▽鈴木永子(43)(いわき市久之浜町久之浜)▽根本シメ子(80)(同)▽岩崎チヨ(80)(相馬市磯部)▽猪苅忠(67)(同)▽熊倉紀子(67)(同)▽渡邊かずみ(24)(相馬市原釜)▽高田マサノ(68)(新地町大戸浜)▽門馬みよ子(61)(同)▽押田利雄(77)(相馬市磯部)▽熊倉かよ子(39)(同)▽南部政之(73)(相馬市尾浜)▽吉田アキヨ(87)(同)▽大兼シヅ(80)(相馬市原釜)▽寺島萌々香(7)(同市磯部)▽馬場マサイ(85)(同)▽渡辺相信(84)(相馬市原釜)▽石橋雄大(26)(同)▽荒和江(57)(相馬市磯部)▽稲山クニ(80)(同)▽寺島洵一(89)(新地町小川)▽遠藤みどり(53)(相馬市磯部)▽蛯原英雄(79)(同)▽堀内ハルノ(72)(同)▽荒ハルノ(70)(同)▽佐々木充(50)(同)▽宮崎忠雄(61)(同)▽馬場節子(62)(同)▽岩崎瑠愛(5)(西郷村)▽岩崎琉輝(6)(同)▽岩崎万里(31)(同) ◇ 福島県警は31日、身元が判明したと発表していた「吉田ヤス子」さんを「吉田康子」さんと訂正。山田幸枝さんの年齢を「(38)」から「(68)」へと訂正した。 岩手県警は31日、身元が判明したと発表していた「石原忠弘」さんを「石川忠弘」さんと訂正した。 また、宮城県警は31日、身元が判明したと発表していた「柴崎亮悦」さんを「柴崎義夫」さんと、「門間弘好」さんを「門馬弘好」さんと訂正。菊地良輔さんの年齢を「(66)」から「(3)」へと訂正した。

9月9日まで発表の身元確認者

Tuesday, May 27, 2008

警察の発表を基に、6月10日から9月10日の間に身元が判明した方を県別に掲載しました。氏名や年齢、住所など一部の情報が新たに判明したり、訂正されたりした方も含まれています。現住所が神奈川県相模原市の方で宮城県内で被災された方は、「宮城」の欄に「■神奈川県【相模原市】」などとして載せています。(敬称略) 【盛岡市】阿部伸彦52石塚美彌子73柏崎絵理子34 【宮古市】影田久保よし子52金澤トメ65木村こずえ27木村ミヤ87昆由香32佐々木平一61佐々木吉男61高屋敷優27新坂茂雄57畠山利松69馬場茂子68藤原徳一60堀内智美34堀川幸男67前川勝幸54前川惠子73三浦志郎69山本惣榮88 【大船渡市】大平吉也52勝部滿代74川畑昊也1熊谷拓也57熊谷勉60小松トミ子82作山スサ80佐々木ハツミ89佐藤永伍44佐藤恭子74佐藤光一74佐藤公一76佐藤三男86志田敬二81志田友幸65舘脇幸江52千葉雅美30千葉林左ェ門88新沼ミチ88平山光子77村上真也39森幸平82山口譲司51吉田ちよみ94 【遠野市】山崎二三男59 【一関市】藤原みゆき43 【陸前高田市】東タイ子81東敏子77阿部敬子72阿部美和子60伊勢眞子75伊東静子66伊東モト88伊東康信31伊東理代64伊藤嘉知子50伊藤チルヨ82伊藤徳一66岩崎達也27岩崎年子82上部愛子61上部惠功子69上部千吉64上部テル子82上部博男71上部モト67及川けい子67及川敬司67及川昇子39及川順之46近江俊郎60大坂のり子63大澤孝子73太田芳三郎92太田ヨシノ87大谷俊彦57大和田イサヲ88岡田喜多子70小友京二63小友信一46小友利美56小友光子62角地有紀子57加藤春己82神池濱子78蒲生賀千美52川原永子53菅野絹子48菅野惠子66菅野太佳子55菅野季子68菅野ハシメ88菅野房子77菅野文夫76菅野政利71菅野美枝子50菅野美嘉48菅野ミサ子62菅野安夫63菅野幸徳39菅野良子62菅野米子79黄川田敬子51黄川田精也81黄川田芙美子57黄川田?子83菊地和子64菊池昭子75菊池和雄59菊池公平79菊池サヨ子73菊池淳一40木島純子58金ヒロジ90熊谷喜逸81熊谷順一郎37熊谷すゑ子63熊谷ツヤ子83熊谷信子60熊谷陽子74熊谷礼子42河野カヨ77河野キヨ子78河野昭平82河野とき子62河野トヨ子76河野美恵子47小島克江54小林五百子78小林巧51小林まさ子58金野節子62金野ユキエ69佐々木一男79佐々木キクノ79佐々木久美子74佐々木圭子71佐々木才介69佐々木シゲヨ73佐々木ツマノ92佐々木輝男74佐々木トシ子69佐々木トスコ78佐々木トミノ87佐々木トヨ子73佐々木直枝65佐々木ハシメ88佐々木一76佐々木久治郎79佐々木廣道76佐々木正直68佐々木松夫72佐々木松久73佐々木ミエ93佐々木美公47佐々木みどり68佐々木美奈39佐々木安子54佐々木玲子81佐藤喜美子72佐藤幸吉62柴田ヨシコ75嶋村高雄74清水美香40清水美智子75志村軍治73白山すみ58菅原イチ子70菅原和好59菅原幸子56菅原静枝70菅原知里23鈴木軍二73鈴木俊雄64鈴木洋67鈴木フミス80鈴木むつ子51鈴木淑子70須藤ヨシ子83高橋幾雄62高橋トモ子71高橋洋基24田中麗緒0玉つね子76千葉朝子77千葉カネミ87千葉教子55辻本亮79堂脇清子68戸羽歩美21中山イヨ78成田八重子65新沼久美子53新沼誠子43新沼のり子62廣田多鶴子74深尾由香43古澤幸三郎75古澤輝子35星千治74細谷篤子75細谷實77幕内徳治82松坂敏雄37松野喜代子70松村庄一81松本律子66三浦淳子46武藏かおる50村上愛子37村上知26村上敦史35村上イサオ70村上キミ子83村上京子59村上軍記66村上元一84村上シズエ89村上スミ子75村上セツ子84村上孝子84村上タケト77村上哲子67村上利昭71村上直子52村上はるみ60村上宏80村上ふじ子65村上昌子75村上みのり80村上靖子82村上雄一72村上ユリ子61村上儀子60柳澤恭一郎74柳下竹雄84柳下ヨシミ82山川多美子50山崎實83山崎ミヤ81山田勝子72山田喜久郎80吉田アツ87吉田五千子80吉田清子68吉田ケイ子67吉田周一85吉田俊吾55吉田孝子80吉田辰雄83吉田ちよ子86吉田トシ子86吉田智子57吉田みさ子71吉田康子59渡邉勝子67 【釜石市】泉澤文夫50市川要太郎64伊東勝利68伊藤孝子72犬亦正和72岩渕アヤコ87上野敬清70雲南愛子45及川マツエ68太田美津子63大町セツ85大町哲哉52大町美喜子78大町元也90小川久雄66小國トミ73柏崎キン子62加藤清弥55鹿野和子74川畑キン93菊池忍61菊池ミエ80菊池洋一60木下長壽72君洞サキ子75久保喜和子75久保美喜子70小林美代治75金野シノイ73今野志津枝55佐々亀藏85佐々年子78佐々木イネ子71佐々木栄子53佐々木仁七74佐々木末子66佐々木トヨ77佐々木信彦53佐々木フミ96佐々木元59佐々木優子52佐々木洋司74佐藤キク78佐野サダ子53澤口テル88清水則夫57鈴木トセ68高橋チエ子82遠野テイ子64遠野安雄69土橋ハナ87新沼琴89平野仁志48藤井範子81古川ミネ子75細川郁夫76袰屋キリ79前川カツ子67前川忠次郎63前川輝見76松田静子61八島シゲヨ74八島穂81山崎和夫80山崎寅治84山崎宏44山崎八千代76八幡一70渡辺正72 【大槌町】左澤國男82阿部郁子71阿部喜枝子71阿部修二84阿部武司81阿部ハルミ86阿部ヒメ子67石井フク子78伊藤幸子61伊藤之夫65祝田政則52祝田悠弥6岩間宏而74岩間五郎90岩間てつみ84岩間陽向2岩間未玖5岩間侑子72上田眞喜雄62上野キヨ子70臼澤キヨ子63臼澤テイ84遠藤正志77大久保泰彦78大槻盛夫84小川千里58小川孝子59小川美和子64小國勝子78小國富一33小國ヒサ85小田嶋すみ子58小畑剛49角地利美子58柏崎貞男67金澤幸子58兼澤圭作57神谷淳子53川崎洋53川村美智76菊池悦子57菊池重一80菊池ツヤ81菊池由樹23菊池陸郎77菊池禮子59木村奈々31倉澤キヌ74倉澤賢三郎81越田セツ子85後藤靜穂59小林高雄69小林勝73小松謙一60小向克定67小向美貴子62小向操92齊藤三郎76佐々キクヱ90佐々律73佐々木■(伏字は石へんに教)73佐々木テエ子71佐々木ハル88佐々木博80佐々木美佳子46佐々木ミツ86佐々木由美子43佐藤和子59佐藤一葉26佐藤咲子46佐藤信一77佐藤テツ子67佐藤昌克42佐藤美津江70里舘カツ子73澤口サキ子83島津拓54下村冨久子73白幡和子64■野義明68高橋正子78田中京哉48田中秀雄82千葉喜久次70千葉キヌ61千葉京子28千葉清子67千葉ヒロ子63千葉素江70中村賢一68中村新一75中村テル79芳賀健二56芳賀繁徳68濱田清兵エ86濱田雅史50濱田百合子89飛内敬子67飛内七満恵52藤枝カツ子64藤原礼子65前川正志52前川宜子59丸山イチ69三浦カヨ74三浦貴以子71三浦ソノ89三浦大藏82三浦竹雄77三浦ツル85三浦テイ68三浦直子50三浦美恵子44三浦みつ子62三浦力男72御園なつ子72村岡茂子74山崎ウメ子84山崎忠弘68山崎千晶18渡邊あや子82 【山田町】阿部育子41阿部敬子79阿部望月12阿部嘉夫76五十嵐邦子48五十嵐サト77五十嵐善一78石山勝彦75石山富美恵45井筒誠二28伊東真喜子47伊藤正恵62織笠一子49加藤ミワ95上澤洋治60上林茂59貫洞富貴子85菊地よし子62黒沢琴子76佐々木幸一60佐々木幸子48佐々木セイ子66佐々木善次郎71佐々木隆志46佐々木竹男83佐々木祐子71佐々木良子69佐々木由治61佐藤次男73佐藤豊子71佐貫宏子51白野純29鈴木忠平75鈴木登志子74鈴木敏之69高橋美和40千代川レミ94中田つき子62西川照男69西田孝榮74箱石テルイ76箱石智弘49福士一58福士正子71福舘アキナ18堀合るり子48武藤日和16山崎勝雄82山崎智子69山崎二三雄75 【岩泉町】武田道孝34 【田野畑村】工藤登喜53中村真司29畠山静子87廣内松平85 ■宮城県【仙台市】鎌田咲子31鎌田大亮0【気仙沼市】千葉明美46【東松島市】吉田弘之49【利府町】大下雅弘43 ■埼玉県【戸田市】佐々木ヨネ81 ■千葉県【八千代市】大上祐司20 ■東京都【東久留米市】西美保子53【稲城市】本橋洋子59

経済 2009年2月

Tuesday, May 27, 2008

4日パナソニック、国内外で1万5000人削減へ パナソニックは、デジタル家電の世界的な販売不振などを受けて、2010年3月末までに国内外で正社員を含む1万5000人を削減すると発表した。製造拠点は09年3月末までに国内13か所、海外14か所を閉鎖する計画で、閉鎖数は10年3月末までに合計で約50か所に増える見通し。 4日三菱自動車3月期、600億円赤字へ 三菱自動車は、09年3月期の連結決算見通しについて、08年10月時点で予想した200億円の税引き後黒字が、600億円の赤字に転落すると発表した。税引き後赤字は、06年3月期以来3期ぶり。 5日日本綜合地所が破綻 マンション分譲大手「日本綜合地所」は、東京地裁に会社更生法の適用を申請し、経営破綻(はたん)した。負債総額は子会社2社を合わせて約1970億円。帝国データバンクによると、08年度で7番目の規模の企業破綻となった。同社は08年11月、経営悪化を理由に、春に採用予定だった大学生53人全員の内定を取り消していた。 5日英利下げ、史上最低の年1%に 英国の中央銀行、イングランド銀行は金融政策委員会で、政策金利を0.5%引き下げ、史上最低となる年1%にすることを決めた。歯止めがかからない英国の景気悪化に対応するため。一方、欧州中央銀行(ECB)は、政策金利を年2%に据え置いた。 6日トヨタ3月期予想、3500億円の赤字に転落 トヨタ自動車は、09年3月期連結決算の業績見通しを下方修正し、税引き後利益は08年12月予想の500億円の黒字から、3500億円の赤字に転落すると発表した。税引き後赤字は1950年3月期以来59年ぶり。 6日大手銀4~12月期連結決算、利益9割減 大手銀行6グループの08年4~12月期連結決算が出そろい、税引き後利益は、三菱UFJフィナンシャル・グループとみずほフィナンシャルグループが赤字に転落した。他の4グループも大幅減益となったことから、6グループ合計では、前年同期比89.9%減の1350億円と大幅に悪化する決算となった。 6日日航3月期業績予想、340億円赤字へ 日本航空は、09年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、税引き後利益が08年11月に予想した130億円の黒字から、340億円の赤字に転落する見通しだと発表した。税引き後赤字は2期ぶり。世界的な景気悪化で旅客数や貨物輸送が落ち込み、売上高の見通しも11月予想の2兆930億円から1兆9770億円に引き下げた。 6日シャープ3月期、初の営業赤字転落へ シャープは、09年3月期連結決算で、本業のもうけを示す営業利益が、08年10月時点予想の1300億円の黒字から300億円の赤字になると発表した。営業赤字は1956年に東京証券取引所に上場して以来、初めてとなる。税引き後利益も、600億円の黒字から1000億円の赤字に転落する見通し。 9日国際収支の経常黒字34%減、過去最大の減少率 財務省が発表した08年の国際収支(速報)によると、モノやサービスの取引を示す経常収支の黒字は、前年より34.3%減の16兆2803億円となり、3年ぶりに減少した。比較可能な1986年以降、最大の減少率だった。世界的な景気悪化の影響で輸出が落ち込み、貿易収支の黒字額が大きく減少したことが主な要因。 9日日産がゴーン体制で初の営業赤字、2万人削減へ 日産自動車は、09年3月期連結決算の業績見通しを下方修正し、本業のもうけを示す営業利益が08年10月時点に予想した2700億円の黒字から1800億円の赤字に転落すると発表した。世界的な景気悪化による販売不振と円高進行などが響き、営業赤字に落ち込むのは14年ぶり。現在のカルロス・ゴーン社長が1999年に最高執行責任者(COO)に就任して以来初めて。業績悪化に伴い、09年度中に国内外でグループの従業員2万人を削減する。 10日米が金融安定追加策、不良資産買い取りに最大90兆円 米政府は、新たな金融安定化策を発表した。対策は、政府が民間と共同して銀行から不良資産を買い取る、いわゆる「バッドバンク」を設立し、価値が下落している証券化商品などを最大1兆ドル(約90兆円)まで買い取ることが柱。さらに、金融機関の財務体質を強化するための公的資金として1000億ドルを準備するほか、金融機関が企業向けなどの融資を増やせるように株主配当や株式投資などを制限する施策も盛り込んだ。 12日パイオニアがテレビ事業撤退、1万人削減へ 電機大手のパイオニアは、赤字が続くテレビ事業から2010年3月までに撤退することを柱とした構造改革計画を発表した。世界で30社ある生産子会社を約3割減らし、正社員約6000人を含む約1万人を削減する。 13日生損保4~12月期決算、7社が税引き後赤字 生命保険大手12社、損害保険大手6社の08年4~12月期業績報告(決算)が出そろった。世界的な金融市場の混乱の影響で各社とも運用関連損失が拡大し、生保はアリコジャパンなど5社が、損保は損害保険ジャパン、ニッセイ同和損害保険の2社がそれぞれ税引き後赤字となった。金融危機による株価下落で、有価証券評価損は生保12社計で2兆5000億円、損保6社計で4100億円と大幅に拡大し、収益を圧迫した。 14日ユーロ圏成長率、最悪のマイナス1.5% 欧州連合(EU)統計局は、欧州経済の成長度合いを示す08年10~12月期のGDP(域内総生産)の速報値を発表した。独仏伊などのユーロ圏16か国で、物価の変動を除いた実質GDP成長率は前期(7~9月)比1.5%減となり、欧州単一通貨ユーロが導入された1999年以降、最大のマイナスとなった。前期を下回ったのは3四半期連続で、欧州経済が急激に悪化していることが示された。 15日G7声明「政策を総動員」、保護主義へ懸念も ローマで開かれた先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、世界不況からの脱却を目指し、雇用創出に向けた機動的な財政出動を促すとともに、景気悪化につながる保護主義的な動きに強い懸念を表明する共同声明を採択して閉幕した。雇用と成長を支えて金融部門を強化するため、財政、金融両面で「各国が協調してあらゆる政策を総動員する」ことで合意。G7が結束して世界的な金融・経済危機を封じ込める姿勢を鮮明にした。…

社会 2010年11月

Tuesday, May 27, 2008

1日耳かき店員ら殺害に無期、裁判員初の死刑求刑に判決 東京都港区で09年8月、耳かきサービス店女性従業員と祖母が殺害された事件で殺人罪などに問われ、裁判員裁判で初めて死刑を求刑された千葉市の元会社員の判決があった。東京地裁は「落ち度のない2人を惨殺した責任は重大だが、動機は極刑にするほど悪質ではなく、被告なりに反省している」と述べ、無期懲役を言い渡した。 2日NHK、野球賭博捜索情報漏えい記者を停職処分 大相撲の野球賭博事件を巡り、NHKの記者が警視庁の捜査対象になっていた時津風親方に捜索情報をメール送信していた問題で、NHKはメールを送った報道局スポーツ部の男性職員を9日付で停職3か月の懲戒処分にすると発表した。停職処分後、職員は記者職から異動させる。記者教育が不十分として役員らの管理責任を問い、2日付で福地茂雄会長ら9人を減給処分とした。 2日冲永元帝京大総長の遺族15億円申告漏れ 学校法人「帝京大学」の故・冲永荘一元総長が生前運用していた金融資産約15億円が、リヒテンシュタイン国内の銀行にあることがわかり、息子の冲永佳史理事長らが、東京国税局から相続財産の申告漏れを指摘され、過少申告加算税を含め相続税約4億円を追徴課税されていたことがわかった。ドイツが独自に入手した口座情報が日本側に提供され、申告漏れが判明した。 4日秋田で弁護士刺され死亡、男を殺人未遂容疑で逮捕 秋田市泉北、弁護士津谷裕貴さん宅に男が侵入、秋田県警は刃物を持って津谷さんともみ合っている男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。津谷さんは腹と胸を刺されており、搬送先の病院で間もなく死亡した。この際、2人の警察官が津谷さんを犯人と勘違いして取り押さえ、すきをついて犯人が持っていた刃物で津谷さんを刺したことがわかった。 4日養母保険金殺人、2被告を殺人容疑で再逮捕 神奈川県警が事故死と判断した女性について、殺人罪で起訴された男2人が一方の養母を保険金目的で殺害したと埼玉県警に認めたとされる事件で、同県警は2人を殺人容疑で再逮捕した。女性が死亡した際、2人が「かなり酒を飲んでいたので、風呂でおぼれたのでは」と神奈川県警に説明、遺体から検出されたアルコールはごく微量で、説明とは矛盾していたが、同県警は司法解剖をしていなかった。 4日尖閣ビデオ映像、ネット動画サイトに流出 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の状況を海上保安庁が記録したものとみられるビデオ映像が、インターネットの動画サイトに流出。10日、神戸海上保安部所属の巡視艇「うらなみ」の主任航海士が、「自分がインターネット上に投稿した」という趣旨の説明をしていることがわかった。警視庁が国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで取り調べを始めた。 6日秋田集団インフル6人死亡、「季節性」の院内感染か 秋田県は北秋田市の病院でインフルエンザの集団感染があり、10月31日から5日にかけ、60~90歳代の入院患者6人が死亡した、と発表した。簡易検査で6人からA型の陽性反応があり、別の1人の検体から「A香港型」ウイルスが検出された。県は季節性インフルエンザの院内感染と見ている。 7日ミャンマー総選挙取材で邦人拘束 在ヤンゴン日本大使館によると、ミャンマー東部カイン(旧カレン)州ミヤワディで、APF通信社の山路徹(本名・松本徹)代表が、不法入国の疑いで現地警察当局に身柄を拘束された。9日、外務省に入った連絡によると、同代表は国外退去処分を受けて解放された。 8日群馬・小6自殺、「いじめ」市教委認定 群馬県桐生市の小学6年の女子児童がが10月23日に自殺し、家族が学校でのいじめが原因だと訴えている問題で、市教育委員会は、いじめがあったと認定した。自殺との関連については「明らかな因果関係は認めることはできない」とし、明確にしなかった。 8日東京・国立の土地区画整理事業で贈収賄 東京都国立市の土地区画整理事業で調査設計業者の選定に便宜を図り、見返りに現金200万円を受け取ったとして、警視庁は「国立市城山南土地区画整理組合」理事長を土地区画整理法違反(収賄)容疑で逮捕した。また、武蔵野市の設計会社社長、同社専務を同法違反(贈賄)容疑で逮捕した。 8日何度も養子縁組、男をうその転入届提出容疑で逮捕 携帯電話を手に入れるため、他人が住む住所地への転入届を出したとして、養子縁組を繰り返していた男が、千葉県警に電磁的公正証書原本不実記録の疑いで逮捕された。男は半月ほどの間に縁組を繰り返して姓を変えており、千葉県松戸市役所窓口で対応した職員が不審に思い通報していた。 10日海保、西表沖漂流の中国人船員救助 第11管区海上保安本部によると、沖縄県・西表島の南約340キロの公海上で中国人25人が乗船していたパナマ船籍の貨物船が行方不明になった。11日、11管と台湾当局が救命胴衣を着て漂流していた5人を救助した。うち1人はすでに死亡し、1人は心肺停止状態。残る20人は行方不明になっている。 16日はやぶさが「イトカワ」から採取の微粒子確認 6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の試料容器から、小惑星イトカワの微粒子約1500個が見つかったと、宇宙航空研究開発機構が発表した。粒子は大きさ0.001~0.01ミリ・メートル前後で、電子顕微鏡で調べたところ、大半がイトカワの岩石と同じような成分で出来ていることが分かった。月より遠い天体の表面から試料を持ち帰ることに成功したのは、人類史上初の快挙となる。 16日2人殺害、「裁判員」初の死刑判決 東京・歌舞伎町のマージャン店経営者ら2人を殺害し、遺体を切断して捨てたなどとして、強盗殺人や殺人、死体遺棄などの罪に問われ、裁判員裁判では2例目の死刑を求刑された住所不定、無職男性の判決があった。横浜地裁は「極めて利欲的な犯行で、殺害方法も最も残虐」と述べ、死刑を言い渡した。裁判員制度開始から1年6か月、全国初の死刑判決となった。 16日海底探査巡り便宜、独法元職員3000万円収賄容疑で逮捕 経済産業省所管の独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」(JOGMEC)が行う海底資源探査事業への調査員派遣を巡り、業者に便宜を図った見返りに現金約3000万円を受け取ったとして、警視庁はJOGMEC元職員を収賄容疑で逮捕した。また、人材派遣会社「アイエルイー」社長も贈賄容疑で逮捕した。…

南房総でぜいたくな秋旅を

Tuesday, May 27, 2008

div class=”photo-cap”>

鳴門のうず潮、讃岐のうどん

Tuesday, May 27, 2008

div class=”photo-cap”>

生誕450年! 清正公さんゆかりの熊本へ

Tuesday, May 27, 2008

div class=”photo-cap”>

「ゲキ×シネ」「五右衛門ロック」の魅力を聞く

Tuesday, May 27, 2008

2度目の共演で、公演中もよく飲んでいたという古田さんと松雪さん古田新太(ふるた あらた)さん、松雪泰子(まつゆき やすこ)さん 俳優 劇団☆新感線の舞台「五右衛門ロック」(中島かずき作、いのうえひでのり演出)が最新のデジタル技術を駆使し「ゲキ×シネ」として映像化され、5月16日から秋にかけて東京・大阪をはじめに全国の映画館で順次上映される。 「五右衛門ロック」は、生バンドの演奏を取り入れるなど音楽に力を入れた新感線の人気“R”シリーズの舞台で、昨年の夏に東京と大阪で約10万人を動員した。 物語は、釜ゆでの刑を逃れた石川五右衛門が、南の島に眠る秘宝を求めて繰り広げる冒険活劇。主役の五右衛門を演じた古田新太さん、ヒロインで女盗賊・真砂のお竜を演じた松雪泰子さんに公演の思い出やゲキ×シネの見所について話を聞いた。 松雪、キューティーハニーキックで古田をKO 舞台人、役者から見た「ゲキ×シネ」の魅力はどういうところにありますか。 「夏祭りみたいな公演」(古田さん)、「毎日運動会をやっているようでした」(松雪さん)と振り返る 古田 舞台はライブなんで、毎日、公演を打つとなると、やっぱり労力が必要なのと、ぶっちゃけ一番でかいのは財力。スタッフが毎日100人ぐらい動かないと作品ができない。それをムービーにすると少し手ごろにご提供できる。地方の演劇ファンには申し訳ないけど、本当は地方に行ってやるのが一番いいんですけども、あれだけのパッケージを持って全国を回るのはかなり難しいんです。(ゲキ×シネで)「こんなことやってるよ」っていうのが少しでも伝わったら。あとは、ミスがカットされますね(笑)。 松雪 劇団☆新感線さんに参加したのは2回目で、今回が初めてゲキ×シネになった作品ですが、出演していても知らないシーンがたくさんありましたし、新宿コマ劇場で見ていらした方はこういうもの見ていたんだな、と新鮮に感じました。あとは、いのうえさんの演出のすごさを細かいところまで堪能できました。改めて、あれだけの人数の出演者がいて、本当にすごいもの作っていたんだな、と感じました。そして、ご覧になってない地方の方にも見ていただけるっていうのは、とてもすごいことだと感じました。 2008年7月23日に新宿コマ劇場で昼・夜公演を15台のカメラで撮影したそうですが、撮影を意識しましたか。 古田 当日は「来ているお客さんに」って形で自分たちはやっているつもりなんで、なるべくカメラのことは意識しないようにしてやってます。役者さんの何人かはカメラ目線を送ってらっしゃる方がいましたけど(笑)。 古田さんが五右衛門を演じるにあたって、リクエストされたことや、ご自身で考えたことはありましたか。 古田 この作品は「五右衛門ロック」という名前はついてますけど、ストーリー上の事件的な問題で言うと、主人公があまり何もしてないんですよね。北大路(欣也)さんと(森山)未來君の話が芯になっていて、その中でやっちゃん(松雪さん)が、かなり峰不二子的な役割で暗躍する。五右衛門は謎解きしているだけで、それも解いたところで……みたいな感じなんですよね。 オイラとエグっちゃん(江口洋介さん)の役は、ずっと昔から追いかけっこしてたルパンと銭形みたいな感じで、メーンストーリーからは全然ずれているんで(笑)。 オイラは、最後の大立ち回りとか、五右衛門が出てきたらちょっと華やかになった、とか、にぎやかになればいいかな、ちゃんとお客さんみんなが拍手できるような感じになればいいなと思ってやってました。 「役者さんのアップや細かいところまで堪能できる」と松雪さん 松雪さんは色っぽさと強さを兼ね備えたお竜の役でしたが、何か役作りで意識はされましたか。 松雪 役作りということより、古田さんがおっしゃったように、五右衛門とお竜がシーンを展開していく中での狂言回し的な存在で、お竜は五右衛門を引っ張って動かしていく役割だったので、シーンがパッと変わっていくような登場の仕方ができたらいいのかなと思いながらやっていました。 松雪さんがかなり足を見せているシーンもありましたけど、古田さんから見て、ここは色っぽかったというシーンはありますか。 古田 オイラが好きだったのは、キューティーハニーキックですね。 最後のほうで江口さんと森山さんを加えて4人で見得(みえ)を切るシーンはリズムや間合いが難しかったのでは。…

横浜・鎌倉 さくら散歩

Tuesday, May 27, 2008

div class=”photo-cap”>

「デイヴ・ブルーベックに志す」 ~ ジャズ定盤100枚

Tuesday, May 27, 2008

今までこの連載用に自腹で買って聴いたCDを数えたら、95枚あった。今回は、以前から聴こうと思いつつ聴かずにいた5枚を聴いてみることにしたので、「100枚到達記念」の回となる。 96枚目:ハービー・ハンコック『エンピリアン・アイルズ』(1964年) これは、アート・ブレイキーの回でも触れた、US3の1993年の大ヒット曲「カンタループ」の元ネタとしても有名な「カンタループ・アイランド」収録ということで、気になっていた一枚。 コルネット(“一回余計に巻いたトランペット”のような形の楽器で、私にはトランペットとの音の違いがわからない)のワンホーン カルテットによる演奏だが、リズム隊(ベースのロン・カーター、ドラムのトニー・ウィリアムス、ピアノのハービー)は、当時ハービーがいたマイルス・バンドのメンバーそのままである。コルネットは、「ウォーターメロン・マン」でも有名なハービーの初リーダー作『テイキン・オフ』(1962年)で共演していたフレディ・ハバード。 通(つう)には、むしろ「カンタループ・アイランド」以外の曲のほうがおもしろい、と評される向きも多いようだが、初心者的には、やはりメロディーになじみのある「カンタループ・アイランド」が一番聴きやすい。US3の「カンタループ」に比べるとテンポがやや遅いので、US3のほうを聴き続けてきた身としては、最初は少し違和感があった。しかし、いつの間にかそんなことは忘れて、何度もどっぷりと聴き入ってしまった。US3の「カンタループ」同様、非常にクセになる一曲である。 「カンタループ・アイランド」以外はというと、ややハイレベルな感じだった。特に、不協和音が鳴り響く4曲目は、よくわからない。こういうのをフリージャズと言うのだろうか。"初めてのジャズの一枚"にはお薦めしないが、ある程度ジャズになじんでからなら、きっと楽しめるだろう。少なくとも私は、よくわからないなりにも楽しく聴けたし、わかるまで聴きたい一枚である。 97枚目:ハービー・ハンコック『処女航海』(1965年) 2年前、ハービー・ハンコックの回で触れたものの、まだ聴いていなかった一枚。上述の『エンピリアン・アイルズ』の4人(フレディ・ハバードは今作ではトランペット)に加え、マイルス・バンドの元同僚であるテナーサックスのジョージ・コールマンが参加した2管クインテットによる演奏。先ほどの『エンピリアン・アイルズ』、そして以前聴いた『スピーク・ライク・ア・チャイルド』と今作の3枚を、ハービーのブルーノート傑作三部作と呼ぶ人もいるようだ。 本作は、全曲“海”をテーマにしたコンセプト・アルバムだそうだ。なんでも、香水のCM用にタイトルも付けずに作ったピアノソロの曲が、実際のCMで“処女航海の香り”というキャッチコピーとともに流されたのを見たハービーは、逆にそこからインスピレーションを受けて、その曲のタイトルを「処女航海」としてクインテット用に編曲。さらに“海”をテーマにしたアルバムを制作するべく他の曲も書き上げていったらしい。“コンセプト アルバム”という概念すらほとんど存在しなかった時代にこの思いつき、やはりハービーには先見の明がある。 “海”がコンセプトで、タイトルが『処女航海』で、颯爽とした秀逸なジャケットデザイン。スカッと爽快なサウンドを漠然とイメージしていたのだが、実際に聴いてみると、思ったより渋いな、というのが第一印象。久々に“エアチェック世代”の定番FM番組「クロスオーバーイレブン」を思い出した。「開放感あふれるサウンド」と評する方も多いようだが、個人的にはそんな印象は受けなかったし、コンセプト、タイトル、ジャケットを知らずに聴いていたら、“海”を連想できていたかどうかも自信がない。言われてみれば確かに、という感じである。 しかし、“海がテーマ”と言われてみれば、1曲目の「処女航海」を聴くと“夜明け”をイメージさせられるし、ラストの「ドルフィン・ダンス」を聞くと“夕暮れ”の光景が目に浮かぶようではある。この2曲は非常に美しくて特に印象に残ったが、他の曲も同様に、聴けば聴くほどイメージがあふれてくる叙景的なサウンドで、ハービーの最高傑作と言われるのもうなずけた。この時期のマイルス バンド人脈が作り出した、ハードバップやモードジャズなど取り入れた新しいサウンドを“新主流派ジャズ”と言うらしいが、今作は、その“新主流派ジャズ”を代表する一枚でもあるとのこと。ジャズの流れを知るうえでも、必聴の作品であろうと思う。 98枚目:チック・コリア『リターン・トゥ・フォーエヴァー』(1972年) これも2年前、チック・コリアの回で「必ず聴く」と言っておきながらまだ聴いていなかったアルバム。“フュージョン時代の幕開けを飾った記念碑的傑作”と言われている作品だ。 ハービーの『処女航海』と同様、ジャケットの印象から、今作にもなんとなく爽快な音が聴けそうなイメージを勝手に持っていたが、またしてもちょっと違っていた。抜けるような能天気な爽快さはない。かといって、渋い印象を持ったわけでもない。ここで聴けるのは、開放感があって心地良いようでいて、ピンと張り詰めた緊張感も感じる、不思議な音空間である。 3曲目の「ホワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥデイ」は、なんとも可愛らしいイントロだったので、「今にもカーペンターズが歌い出しそうだな」と思って聴いていたら、本当に女性の歌声が聴こえてきて驚いた。歌っているのはもちろんカレンではないが、ポップソングとしても十分通用する佳曲である。メドレーになっている4曲目の後半部分「ラ・フィエスタ」も同様に女性ヴォーカルが入っており、フルートとの絡みも印象的ななかなかの名曲だ。 全体的に、チック・コリアのエレクトリック・ピアノとスタンリー・クラークのエレクトリック・ベースの存在感が強く、ハービーの作品であれば『処女航海』ではなく『ヘッド・ハンターズ』に近い。どちらもマイルスの『ビッチェズ・ブリュー』以降の新しいサウンドだが、こちらはスパニッシュ&ブラジリアンテイストと、エレクトリックなジャズサウンドの融合が見事。 99枚目:チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー『ライト・アズ・フェザー』(1972年) 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』と同じ年にリリースされた、姉妹作とも言えるセカンドアルバム。私は有名な「スペイン」しか知らなかったが、アルバムを通して聴いてみると、前作よりもヴォーカル曲とラテンの要素、そしてジャズ色が強まっている印象である。 「ファーストアルバムに比べるとやや地味」という評価も多いようだが、一曲一曲はこちらのほうがずっとポップなように感じた。ただ、ヴォーカル曲とラテンの要素が強まったせいか、ファーストアルバムにあった"不思議な音空間"があまり感じなかったのは事実。しかし、逆に、こちらのほうが、もったいぶった感じはない。そして何といってもこちらには、イントロにアランフェス協奏曲を使った哀愁と情熱の大名曲「スペイン」が収録されている。どちらが好きかは聴く人によって分かれるところだろうが、どちらも傑作であることは間違いないと思う。 100枚目:デイヴ・ブルーベック・カルテット『タイム・アウト』(1959年) 以前からいつか聴いてやろうと思っていた一枚。なぜなら彼らの代表曲「テイク・ファイヴ」が大好きで、特に疲れたときなど、頭の中で延々とリピートされることがあるからである。 「テイク・ファイヴ」は80年代にCMソングとして使用されていたので、聴けばほとんどの方が、「あぁ、この曲か」と感じるであろう“超”の付く有名曲である。私が“疲れたとき”に思い出すのは、使われていたのが栄養ドリンクのCMだったせいかもしれない。この曲は、US3の「カンタループ」とほぼ同時期に、XLというアーティストの、ヒップホップ/アシッド ジャズ風のアレンジ バージョンがヒットしたので、そちらをご存知の方も多いかと思う。ちなみに、93年にミリオンセラーになった洋楽ヒットソング コンピレーションアルバムの草分け『NOW 1』(廃盤)では、「カンタループ」の次の曲が「テイク・ファイヴ」だったので、私は2曲セットでよく聴いていた。 ただこのXLのバージョンには、20年近くなんとなく違和感があった。今回、久々にXLとデイヴ・ブルーベックのそれぞれの「テイク・ファイヴ」を聴いてみて、ようやくその謎が解けた。…