ジョン・ウー監督、長澤まさみ出演の新作『太平輪』を語る

映画『レッドクリフ』シリーズで知られるジョン・ウー監督が、年末に台湾で行われた会見で、長澤まさみやチャン・ツィイーらアジアのスターが共演する新作『太平輪』について語った。

本作は、”中国版タイタニック”ともいわれる「太平輪沈没事件」を題材に、中国から台湾へ向かう豪華客船に乗っていた3組の男女の運命を2部作で描くラブロマンス。長澤まさみやチャン・ツィイーのほか、金城武、黒木瞳、ソン・ヘギョ、ホァン・シャオミンらが出演することでも話題を集めている。

豪華共演を果たしたキャストについて、ジョン・ウー監督は「みんな同じようにプロフェッショナルで謙虚だけど、それぞれ違った良さを作品に持ち込んでくれた」と称賛。さらに本作については「ロマンティックなドラマだけでない、壮大なストーリーにしたかった」と構想を明かした。

また、「太平輪にまつわる話には感動的なものがたくさんあるということを脚本家のワン・ホエリンが教えてくれたんだ」と本作を撮ることになったきっかけを語ったウー監督は、「草案を見ただけですっかり魅了されてしまったよ。これは激動の時代における愛の力をたたえた映画だ」と自信をのぞかせた。

日本での公開は未定だが、中国では2014年内の公開を予定している。