IKAニュース速報 – IKA Online

世界的スターとなったイ・ジュンギ、最新主演作のために炭水化物断ちで15kg減量! | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

Friday, November 24, 2017

昨年末に公開され大ヒットしたハリウッド超大作『バイオハザード:ザ・ファイナル』に特別出演し、現在公開中の映画『シチリアの恋』で中国スクリーンデビュー。日韓のみならず、世界中にファンを増やし続けているイ・ジュンギ(35)。 その彼の神々しいまでの美しさに魅せられるのが最新主演作『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』。演じるのは、顔につけられた傷のせいで不遇な環境に育つも、のちの皇帝となる冷徹な第4皇子のワン・ソ。 監督のリクエストもあり、役作りのために半年で15キロ減量した。 「2度としたくないと思うくらいつらい経験でした。運動と食事制限で体重を落としたんですが、特に食事に苦労しましたね。これがなくては生きていけないというくらい大好きな炭水化物を食べるのをやめたんです」 その頑張りで、10歳ほど年齢が違う後輩もいるという共演者との差を感じないビジュアルを手に入れた。 「監督も脚本家さんも心配されていて。僕自身もプレッシャーを感じていましたが、成功してよかったです」 これまで、数々の人気時代劇に主演してきたジュンギ。 「いままで出演した作品とは時代背景も違いますし、政治的なことで生まれる宮廷での微妙な緊張感を表現したのも、初めてでした」 高麗の第4代皇帝の座とともに、IU(アイユー)演じる、現代からタイムスリップしたヒロインを狙うイケメン皇子たちの駆け引きが今作の大きな魅力。特に、愛に飢えたワン・ソとヒロインのヘ・スのラブロマンスは、キュンとして胸が苦しくなる。イ・ジュンギ自身は、今どんな愛に飢えているのかを聞くと、 「いろいろな愛の経験がある方なら、“こういう愛が欲しい”とわかるかもしれませんが、僕はまだそのレベルに達していないようです(笑)。ただ、ドラマや映画のような“悲劇や悲運の愛”は、欲しくないですね。作品としては、切なかったり、感動的だったりするかもしませんが……」 <作品情報>『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』全20話化粧品販売員のハジン(IU・アイユー)は、湖に落ちた子どもを助けようとして溺れてしまう。目が覚めたその場所は、なんと高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷だった。美しすぎる8人の皇子たちが、皇帝の座と、ヘ・ス(ハジン)をめぐり思い思いに動き始める……。大ヒット中国ドラマ『宮廷女官 若曦(ジャクギ)』の原作小説をもとに、イ・ジュンギやIU、演技初挑戦のベクヒョン(EXO)など、 “最強のビジュアル・ドリームチーム” と呼ばれた豪華メンバーと壮大な映像美で魅せる。

『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督が、テレビドラマ「バーバレラ」の監督に!

Thursday, November 23, 2017

映画『プッシャー』シリーズや『ドライヴ』などでメガホンを取ったニコラス・ウィンディング・レフン監督が、テレビドラマ「バーバレラ」の監督/製作総指揮を務めることがバラエティや複数のメディアによって伝えられた。 ニコラス・ウィンディング・レフン監督作品 『ドライブ』写真ギャラリー これは、フランスのゴーモン・インターナショナル・テレビジョンと映画『ハンニバル』や『レッド・ドラゴン』などをプロデュースしたマーサ・デ・ラウレンティスが企画しているテレビシリーズで、フランスのコミック作家ジャン・=クロード・フォレストの同名コミックを基にテレビシリーズ化することになっている。 オリジナルの映画作品は、映画『パリジェンヌ』や『華麗な関係』のロジェ・ヴァディム監督がメガホンを取り、ジェーン・フォンダが主演し、さらにマーサ・デ・ラウレンティスの夫ディノ・デ・ラウンレンティスが製作を担当していた。 そのストーリーは、ひとり宇宙でバカンスをしていた女宇宙士バーバレラは、ある日地球から、強力な宇宙破壊光線を発明したデュラン・デュランを探し出し、捕まえるように指示された。だが、宇宙船がトラブルに遭ってしまい、ある惑星に不時着陸して、様々なことを起きてしまうというSF映画で、エロティックな要素が含まれていることも当時話題になった。 これまで、オリジナルの映画作品の後に、2009年に公開予定でロバート・ロドリゲス監督がローズ・マッゴーワン主演で、再び映画化を企画していたが、現在も製作されていない。 今のところキャスティングは未定だが、ニコラス・ウィンディング・レフンがかかわることで期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

スギちゃん、里親募集を延期「自立するまで育てます」

Thursday, November 23, 2017

お笑いタレントのスギちゃんが19日、ペットのハムスターが生んだ子どもの里親募集を延期することをオフィシャルブログで発表した。スギちゃんは18日夜、オス2匹だと言われて引き取ったハムスターが実はオスとメスのペアで、家に帰ってきたら赤ちゃんハムスターが4匹生まれていたことを報告するとともに「里親さん募集しますぜぇ^_^ 宜しくお願いだぜぇ^_^」と呼び掛けていた。 森下悠里のセクシーな胸元を直視できず!スギちゃんフォトギャラリー 里親を募集したブログ記事の反響に応えるべく、スギちゃんは19日に「皆さんありがとうございます」と題した記事をアップ。「今日も朝から名古屋に仕事に行き 朝は赤ちゃんも元気にしてたのですが」と赤ちゃんハムスターの一件に触れると、「今後何が起こるかわからないので もっと大きくなってから里親さんを探したいと思うますね 小さい命、本当に何があるかわからないから怖いですよ 頑張って立派に自立するまで育てますので」(原文ママ)とひとまず里親募集を延期することを明かした。 ブログ読者からハムスター同士が共食いする可能性を指摘されたというスギちゃんは「うちのハムちゃんパパも子育てに協力的だったので、安心はしてるのですが 本当に何が起こるかわからないので帰ってみてみるのが正直怖いですよ」と不安げ。「もしもの事があったらそっとしておいてくださいね 頑張りますので」とファンにお願いしている。

マーク・ウォールバーグが製作総指揮のドラマ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」映画化か?

Wednesday, November 22, 2017

日本ではシーズン3までDVD化され、FOXライフで放送中のマーク・ウォールバーグが製作総指揮を務める話題の海外テレビドラマ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」が映画化されるかもしれない。マークがハリウッド・レポーター紙に対して語ったところによると、2004年からHBOで放送が始まった「アントラージュ★オレたちのハリウッド」は、アメリカでは現在第6シーズンまで放送が完了しており、残り2シーズンの放送が決まっているとのこと。すでに第7シーズンは来年の夏から開始されることが決まっており、マークは同じHBOで放送されていた「セックス・アンド・ザ・シティ」のように映画化される可能性も示唆した。 「アントラージュ★オレたちのハリウッド」は、製作総指揮を務めるマークの「経験に基づくフィクション」によって描かれる金と誘惑に満ちたハリウッドの内幕を描く人気コメディードラマだ。ゴールデン・グローブ賞、エミー賞に輝くヒットシリーズなだけに、残り2シーズンの間の視聴率が保たれれば映画化は間違いなく、テレビシリーズで主人公のヴィンス・チェイスを演じたエイドリアン・グレアニーを始め、レギュラー陣が映画版へ引き続き出演する見込みだ。

アンジェリーナ・ジョリーが初監督?撮影のためにブラピと家探し?

Wednesday, November 22, 2017

最新映画『ソルト』が公開されているアンジェリーナ・ジョリーだが、週末にブラッド・ピットとハンガリーのブダペストで家探しをしている様子を目撃された。映画撮影中に滞在する家を探しているというアンジーだが、うわさではこの作品で初監督に挑戦するのではないかとザ・サン紙が報じている。またアンジーが何らかの形でこの作品にかかわることはサン紙以外も報じている。 アンジェリーナ・ジョリー最新映画『ソルト』写真ギャラリー 新作はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台にした作品で、アンジーが以前にサラエボで撮影地を探していたこともあり、単なる演者というわけでもなさそうだ。これが初監督作品になるのではないかと関係者の間では話題になっておりアンジーは親しい友人に、「この秋からボスニアで映画撮影があるの」と漏らしているらしい。 気になる映画はラブストーリーで、紛争前夜に出会った男女が主人公となることもアンジーは明かしているが、これがアンジーの監督作品なのか、自身やブラピは出演するのか、といった詳細は一切明かされておらず続報待ちの状態だ。

仰天映像!9台の3Dカメラで撮影した世界的バンドU2の飛び出す映画

Tuesday, November 21, 2017

映像においてここ数年、確実に変化している技術が3Dである。専用メガネを掛けて鑑賞する作品は、鮮明な映像と立体感で迫ってくる。映画『U2 3D』は、世界を代表するバンドU2が「Vertigo」のツアー・コンサートを南アメリカで開催したときに一度に9台の3Dカメラで撮影している。この映画を観るために使用されている3Dグラスは、ほぼ普通のサングラスと同じで、従来の3Dグラスと比べるとかなり見やすくなっている。 監督のキャサリン・オーウェンズは「この映画をプロデュースしている会社の一つ3ality Digital のピーター・シャピロが、デジタル・コンテンツ・プロバイダーとしてバンドとともに仕事をしていたわたしに、この企画を持ってきたのです。彼らは、スポーツの世界でこの3D技術を開発していて、アメリカン・フットボール(NFL)を対象にこの映画の話を進めてていたのですが、なかなかNFLのOKがもらえず、急きょ、その矛先をわれわれが得意とする音楽の分野に持ってきたわけです。撮影は、アナハイムで行われていたU2のツアーに1台のカメラを持って行ったときから始まりました」と話してくれた。 さらに、ボーカルのボノは、この映画のできにとても満足しているようだ。「彼は技術の進歩に本当に驚いているようでした。彼は、初期の段階から親密にかかわってくれて、この媒体が、彼らのコンサートを開催することができなかった国の人にも、まるでコンサートに本当に来たかのような臨場感を味わってもらえると実感していたようです」とボノの興奮した様子を教えてくれた。 実際、この映画を鑑賞すると分かるのだが、コンサートをそのまま体感できるような臨場感で、まるでボーカルのボノが目の前で歌ってくれている感覚を覚える。 今後、ハリウッドではこの形式で撮影した3D作品としてティム・バートン監督の映画『不思議の国のアリス』やジェームズ・キャメロンの映画『アバター』が控えている。

『ゼロ・ダーク・サーティ』圧倒的!ボストン映画批評家協会賞でも作品賞獲得!

Tuesday, November 21, 2017

現地時間9日、2012年のボストン映画批評家協会賞が発表され、キャスリン・ビグロー監督の最新作『ゼロ・ダーク・サーティ』が作品賞を受賞した。 映画『ゼロ・ダーク・サーティ』特報映像 2009年に『ハート・ロッカー』で、同賞の5部門を制覇したビグロー監督だが今回は3部門。とはいえナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(米国映画批評会議賞)、ニューヨーク映画批評家協会賞に続く作品賞・監督賞の受賞で、オスカー獲得にさらに前進したといえる。 またダニエル・デイ=ルイス主演、スティーヴン・スピルバーグ監督最新作の『リンカーン』が、ニューヨーク映画批評家協会賞に続いて主演男優賞と助演女優賞を獲得。今月13日には、いよいよゴールデン・グローブ賞ノミネート作品の発表が控えており、アカデミー賞争奪戦の顔ぶれがはっきりとしてきた。 作品賞 『ゼロ・ダーク・サーティ』監督賞 キャスリン・ビグロー監督 『ゼロ・ダーク・サーティ』主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』主演女優賞 エマニュエル・リヴァ 『愛、アムール』助演男優賞 エズラ・ミラー 『ザ・パークス・オブ・ビーイング・ア・ウォールフラワー / The Perks of Being a Wallflower』助演女優賞 サリー・フィールド 『リンカーン』脚本賞 トニー・クシュナー 『リンカーン』撮影賞 『ザ・マスター』 ミハイ・マライメア・Jr編集賞 『ゼロ・ダーク・サーティ』外国語映画賞 『愛、アムール』長編アニメ賞 『フランケンウィニー』…

「テラスハウス」復活?公式サイトに謎のカウントダウン出現

Monday, November 20, 2017

今年9月に終了したフジテレビの人気番組「テラスハウス」の公式サイトに謎のカウントダウンが出現し、カウント終了時刻の10日午前0時に何か重大発表があるのではないかと話題になっている。 筧美和子がむっちりセクシー!フォトギャラリー 2012年10月に放送を開始した「テラスハウス」は、海の見えるシェアハウスに暮らす男女6人の生活を記録したリアリティーショー。タレントの今井華や筧美和子、歌手のchayらがブレイクするきっかけにもなった。 最終回は、番組スタートから2年間にわたって出演していた”てっちゃん”こと菅谷哲也が、テラスハウスを出ようとドアを開けると、何かを見つけたような驚きの表情を見せる意味深なラストで終了。突然のカウントダウン出現に、ネット上では「何? テラスハウスなんかあるの?」「復活するのかな?」「楽しみすぎなんですけど」などと盛り上がっている。

パンサー向井慧は最高月給150万円、若手芸人ギャラ事情 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

Monday, November 20, 2017

昨年11月、バラエティー番組『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京系)で、平成ノブシコブシの吉村崇とウーマンラッシュアワーの村本大輔が月給170万円だったことを明かして話題になった。 一時の若手お笑いブームは去ったものの、さすがに吉村や村本クラスともなると100万円オーバーの月給を手にしているようだが、他の若手芸人はテレビ露出の割には貰っていないようだ。 「個人仕事も増加中のパンサーの向井慧は最高月給が150万円だと話していましたね。やはりトリオでギャラが3等分になるため、コンビやピン芸人よりは稼げないようです。ピン仕事が一番多い向井でその金額なので、管や尾形は良い月でも100万円程度だと思います」(放送作家) “安心してくださいはいてますよ”の裸芸で人気上昇中のとにかく明るい安村。5月に出演した記者会見では、1か月の給料がまだ4万円だと告白していた。 「お笑いのギャラは2~3か月後に入るのが普通ですから、4万円はブレイク前のギャラだったんでしょう。さすがに現在は家族を養えるぐらいの給料は貰えていると言っていました。でも仕事の単価が安いので、100万円越えはまだみたいですけどね。それでも本人は”バイトをせずに家族を養えるようになって嬉しい”と喜んでいます」(バラエティー番組スタッフ) 逆にテレビではあまり見なくなったものの、安定して稼いでいるのが吉本以外の芸人たち。 「また営業のオファーが増えている小島よしおは、今年に入ってから月に100万を超える給料があるとか。またザブングルも知名度が高い割には営業単価もそこまで高くないため、営業のオファーが安定してあります。さらに吉本のように所属事務所に取られる割合もそこまで多くないため、こちらも毎月100万円前後稼いでいるそうですよ」(前出の放送作家)

小泉今日子&永瀬正敏が結婚発表以来16年ぶりに公の場にそろって登場!

Monday, November 20, 2017

20日、新宿ピカデリーにて映画『毎日かあさん』完成披露試写会が行われ、主演の小泉今日子と永瀬正敏が結婚発表以来、16年ぶりにそろって公の場に登場した。そのほかイベントには子役の矢部光祐、小西舞優、メガホンを取った小林聖太郎監督、原作者の西原理恵子が登壇。小泉と永瀬の2人がお互いについて語ることはなかったが、それぞれ隣の子役たちと時折じゃれ合いながら、終始なごやかなムードであいさつが進行した。 映画『毎日かあさん』場面写真 キュートなミニスカ姿に満面の笑顔で登場した小泉は、撮影を振り返り「猛暑の中、ひと月『毎日かあさん』を演じ、世の中のお母さんたちはこんなに大変なことをやっているのかと実感しました。でもこの作品は、そんなお母さんたちを応援する映画になったと思います」とにこやかにあいさつ。そしてこれから映画を観る観客に「一つだけ注意があります。涙腺の弱い方は、ハンカチを用意して下さい」と呼びかけた。 一方、そんな小泉の横に並んだ永瀬は、カメラのフラッシュの嵐に多少うつむきがち。今作で役作りのため、撮影中2週間で12キロの減量を行っているが、当時について聞かれると「役者として当たり前のことだったので……。モデルとなった方々に失礼にならないように心掛けながら取り組みました」と謙虚にコメントした。隣の娘役の小西から「撮影中みんなでご飯を食べているとき、お父さんだけ水を飲んでいてかわいそうでした」と当時の過酷な様子を暴露され、思わず笑ってしまう一幕もあった。 映画『毎日かあさん』は、漫画家の西原理恵子が自身の体験を基にした人気漫画を、小泉今日子と永瀬正敏の共演で映画化したホームドラマ。一家を支える大黒柱の漫画家女性とアルコール依存症の元戦場カメラマンの夫、二人の子どもたちが織りなす、一風変わった家族のエピソードがつづられていく。 映画『毎日かあさん』は2月5日より全国公開