IKAニュース速報 – IKA Online

宮沢賢治の童話をモチーフにした映画『よだかのほし』完成!舞台は賢治の故郷岩手県花巻

Friday, January 19, 2018

宮沢賢治の童話をモチーフにした映画『よだかのほし』が完成したことがわかった。宮沢の故郷である岩手県花巻を舞台に、都会の女性が今を生きる情熱を取り戻すまでを描き出す。メガホンを取るのは、繊細で透明感ある演出に定評がある斉藤玲子、主演を『わが母の記』などの菊池亜希子が務める。 斉藤監督は、「東北の映画を撮るというきっかけから始まりまして、宮沢賢治さんの大ファンで、東北なら宮沢賢治さんの花巻で撮りたいという思いがあり、なかばおしかけ女房的にこちらにやってきました」と花巻で映画を撮影することになった経緯を説明。「賢治さんの故郷を多くの人に見てもらい、花巻にぜひ来てもらいたいです」と期待を語る。 2011年9月に花巻で撮影された本作。花巻祭りの期間を中心に、イギリス海岸、市民の家、北上川など、地元の手触りが伝わるロケ地をめぐっていった。また今回特別に、宮沢の産湯に使われたという「産湯の井戸」でも撮影許可が下りたとのこと。産湯を使ってすぐに大地震があり、宮沢の母親が彼を地震からかばったというエピソードもあるという。 主演の菊池は、「この作品にこのタイミングで出会い、実際に花巻で撮影できたことはとても大きな意味があったと思います。映画では花巻祭りや宮沢賢治さん縁の地など花巻の魅力がたくさん切り取られています。(主人公)トワの目に映る花巻という故郷の景色を通して観た方、それぞれの故郷の景色が広がったらとても素敵だなと思います」と作品をアピールした。 宮沢の童話「よだかの星」は、醜い容姿で仲間から嫌われ生きることに絶望した鳥「よだか」が、夜空で輝く星になるまでの物語。花巻を舞台に、自らの生きる力を取り戻していく主人公の物語は、夜空で輝く「よだか」のごとく人々を希望の光で照らすことだろう。 映画『よだかのほし』は8月26日花巻市民文化会館にて先行上映、9月22日より新宿武蔵野館、盛岡ピカデリーほか順次公開

遅咲きのトム・クルーズ? ジェレミー・レナーの魅力に迫る!

Thursday, January 18, 2018

『ボーン・レガシー』で主演を務め、人気急上昇中の俳優ジェレミー・レナーの魅力に迫った。 映画『ボーン・レガシー』フォトギャラリー 『ボーン・アイデンティティー』から始まった前3部作では、主演したマット・デイモンがアクション俳優としての知名度を上げたが、今作からヒーローを務めるのは、オスカー候補経験もある実力派ジェレミー・レナー。彼が演じる新キャラ、アーロン・クロスを主人公にした最新作『ボーン・レガシー』は、前シリーズと同時進行していたという設定で、暗殺者アーロンとCIAの死闘を描く。 昨年は『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』に出演し、今年は『アベンジャーズ』で演じたホークアイ役で注目を浴びたレナー。すっかりアクションスターとして定着した感があるが、ここに至るまでの道のりはいばらの道だった。 役者としてデビューするも、まったく売れずにミュージシャンや内装業などを兼務しながら下積みしていたというレナー。2000年代からジワジワと出演作を増やしたが、2008年に主演した『ハート・ロッカー』がオスカーを獲得、自身も主演男優賞にノミネートされ、一気にブレイク。今年で41歳という彼だが、世でいう中年にしてアクションが切れる俳優として名を上げているところは、まるで遅咲きのトム・クルーズのようだ。実際、『ミッション:インポッシブル~』でも、長年トムが演じてきているイーサン・ハントと互角に張り合うエージェントを、軽々と演じてみせている。 そんな彼だからこそ、新キャラによるボーンシリーズのアナザーストーリーにも注目と期待が集まっている。今作の撮影では、何とバイクのチェイスシーンで、自ら体を張ったことが話題に。しかも、共演者のレイチェル・ワイズと相乗りしてのスタントという危険な撮影だ。さぞやドヤ顔で成功させたかと思いきや「僕だけなら多少のリスクは仕方ないけど、人を後ろに乗せるとなると責任があるから話が違う」と謙虚なコメント。遅咲きの苦労人ならではの控えめな姿勢と、カメラの前での大胆さのギャップが、近年ハリウッドで愛されている理由なのかもしれない。 映画『ボーン・レガシー』は9月28日より全国公開

『スター・ウォーズ』撮影中、C-3PO役は下半身脱いでいた!?【初公開映像で知る『スター・ウォーズ』撮影秘話】

Wednesday, January 17, 2018

映画『スター・ウォーズ』シリーズ6作品が、6月1日より初めてデジタル配信(販売)されることを記念して、C-3PO役アンソニー・ダニエルズの、約40年前に収録されながら、これまで未公開だったインタビュー映像の一部が公開された。 映像で、アンソニーは全身金属のC-3PO役だからこその苦労を振り返っている。「衣装のまま座るのは不可能だ」と断言するアンソニーは、C-3POが座っているシーンは、胸から下の衣装を着ずに撮影するか、実物大模型を使用したと驚きの事実を告白。映像でも上半身はあのC-3POでありながら、腰から下は人間の足が見えている衝撃の瞬間が映し出されている。 そのほかアンソニーは、600万の言語に精通しているC-3POならではのセリフ面での苦労や、砂漠で一度転ぶと、砂に埋まって身動きが取れなくなるというドロイドの衣装ならではの撮影の過酷さについて語っている。 シリーズ6作品が初めてデジタル配信! 今回のデジタル配信では、今まで発売されたビデオ、レーザーディスク、ブルーレイやDVDに収録されていなかった新たなボーナス映像を、1エピソードにつき2個ずつ収録。アンソニーのインタビューの完全版も、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の中のボーナス映像「失われたインタビュー」に収められているという。またこれまで発売された商品に収録されているボーナス映像(レガシーコンテンツ)も1エピソードにつき10個ずつ用意されており、ファン納得の充実した内容になっている。 『スター・ウォーズ』シリーズのデジタル配信(販売)は6月1日にスタート 6作同時配信

“かわいすぎる”野々村真の娘・香音、声優に初挑戦!

Wednesday, January 17, 2018

野々村真・俊恵夫妻の長女・香音が、アニメーション映画『オズ めざせ!エメラルドの国へ』の日本語吹き替え版で声優に初挑戦することになり、18日に公開アフレコを行った。ネットを中心に「かわいすぎる」と評判になり、2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」に出演が決定するなど、今後の活躍が期待される香音。初のアフレコに「すっごい緊張したけど、役に成り切ってかわいい演技ができるように頑張りました」と”かわいすぎる”笑顔を見せた。 【写真をもっと見る】”かわいすぎる”香音が声優に初挑戦 「オズの魔法使い」の作者ライマン・F・ボームのひ孫にあたるロジャー・S・ボームによる「ドロシー・オブ・オズ」を基に作られた本作は、ドロシーが再びオズの国に舞い戻り、エメラルドの都を守るため、新たな仲間と共に悪い魔法使いのジェスターに立ち向かう姿を描いた”ミュージック・アニメドラマ”。 香音が演じるのは、お菓子の国の裁判所に勤めるキャンディーの速記者役。役にちなみ、お菓子柄のタイツに大きなハートのついたワンピース姿で登場した香音は、「ハキハキとした、しっかり者の女の子をイメージしてやりました」と初アフレコに満足げな様子。 また、お父さんにやってほしいキャラクターを聞かれると、「道化師のジェスター役」と、ぬいぐるみを持ってニッコリ。おっちょこちょいなところが似ているそうで、「携帯を忘れてお母さんに怒られたり、ゴルフ場とかで靴を忘れたりする。飛行機に乗っていてもその辺にバッグを忘れたり……。忘れ物が多くて面白い」と野々村家のほのぼのエピソードを披露した。 現在、モデルを中心に活躍する香音は、ワン・ダイレクションやアヴリル・ラヴィーンの曲をよく聴き、プライベートではドラムをたたくほど音楽が好きだそうで、今後は「いろんなことにチャレンジして、音楽のできるモデルさんや女優さんになりたい」と声を弾ませた。 最後は「女の子だけじゃなく、男の子も好きそうな戦闘シーンもあるので、すごく楽しいと思います。ぜひ皆さん観に来てください」とお父さんとは違い(?)しっかりとした口調で作品をPRしていた。 映画『オズ めざせ!エメラルドの国へ』は2015年1月10日より公開

キャメロン・ディアス、トム・クルーズとの交際を正式に否定

Tuesday, January 16, 2018

トム・クルーズとの交際がうわさされていたキャメロン・ディアスが、正式に報道を否定した。 トム&キャメロン共演!映画『ナイト&デイ』フォトギャラリー Entertainmentwiseほか複数のメディアによると、テレビのトークショーに出演したキャメロンはトムとの交際報道を一蹴。うわさの発端はキャメロンの誕生日に撮影された、キャメロンとトム、そしてペネロペ・クルスとハビエル・バルデム夫妻が一緒に写っている画像だったが、そのことについては「偶然ホテルで会ったから、一緒になっただけよ。それで日付が変わったときに言ったの、『わたし、40歳になったの。記念に写真を撮りましょう』って」と説明している。 「その後はすぐ『おやすみ』と別れて、それからトムには会っていないわ」と交際報道を改めて否定したキャメロン。『バニラ・スカイ』『ナイト&デイ』で共演している二人は共にハリウッドを代表するスターだけに、報道直後には大物カップル誕生かと色めき立ったものの、どうやらただの友人に過ぎなかったようだ。 トムは今年ケイティ・ホームズと離婚。一方のキャメロンも、大リーグ選手のアレックス・ロドリゲスと昨年9月に破局したことが明らかになっている。

無精ひげに思いつめた表情……市川海老蔵復帰第一作目の映画『一命』特報映像が公開!

Tuesday, January 16, 2018

市川海老蔵の復帰第一作目の映画として、注目を集めている三池崇史監督の映画『一命』の特報映像がこのほど作品のオフィシャルサイトにて公開された。 特報映像には、「第64回 カンヌ国際映画祭 コンペティション正式出品作品」というタイトルが大々的に打ち出され、続いて無精ひげを生やした浪人姿の市川海老蔵が思いつめた表情で刀を見つめるシーンが映し出される。その後、二人の浪人がにらみ合うシーン、海老蔵がゆっくりと刀を抜くシーン、と場面はゆっくりと切り替わっていく……。 本作は、1962年に『切腹』として映画化された、滝口康彦の「異聞浪人記」を、映画『クローズZERO』や『ヤッターマン』で知られる鬼才・三池崇史が再映画化するもの。映画『十三人の刺客』で海外から高い評価を受けた三池監督、日本の”カブキ”役者・市川海老蔵、大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』など多くの映画音楽を手掛けてきた坂本龍一、というビッグ3が作り上げる本格時代劇に、海外では早くも注目が集まっている。 先に紹介した特報では、共演の瑛太を始め、海老蔵が演じる津雲半四郎の娘を演じる満島ひかり、井伊家家老役の役所広司が登場する。本作をプロデュースするのは、これまで『戦場のメリークリスマス』『BROTHER』 を世に送り出し、三池監督と組むのは『十三人の刺客』以来2度目となるイギリス人プロデューサーのジェレミー・トーマスと、アカデミー外国語映画賞を受賞した『おくりびと』の中沢敏明。 暴行事件の被害者となってしまった海老蔵だが、仕事を休んで飲みに行ってしまったことでファンからの信用を失ったことはまぎれもない事実。7月の舞台復帰にあたり「早すぎる」という厳しい意見も寄せられているが、ファンの信用をふたたび得るためには、大人としての振る舞いはもちろんのこと、役者としての活躍でも”市川海老蔵”を証明していかなければならないだろう。復帰第一作となる本作で、彼にどのような評価が集まるのか、注目したい。(編集部:森田真帆)

ローラ、親の不祥事を背負う必要ない…さまぁ~ず三村が擁護

Tuesday, January 16, 2018

お笑いコンビさまぁ~ずの三村マサカズが、父親が詐欺容疑で国際手配された人気モデルのローラについて、自身のツイッターを通じてその立場を擁護した。三村は人気バラエティー番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の火曜日レギュラーとしてローラと共演している。 ローラが背負うもの…フォトギャラリー 三村は25日、ツイッターのフォロワーから「ローラを頼む」という趣旨の言葉を寄せられ「任せろ!大丈夫だよ。ばたばたしなくても」と返答。この反応に、別のフォロワーから「芸能人同士の守り合いでは」と疑問を呈されると、「今回のケースは違う」とつづり「子供の不祥事は親の責任もあるけど、親の不祥事を子供が背負うのはきつすぎると思います」と反論、ローラを気遣った ローラの父ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は、海外療養費の不正受給を指南したとして、警視庁が逮捕状を取り、国際手配されたと報じられた。 この件についてローラの所属事務所は、報道各社に向けたFAXで「報道された事実に関して、ローラ本人はまったく把握しておらず、大変ショックを受けております」と説明。ローラ本人も「父がご迷惑をおかけしてすみませんでした。とてもかなしいです。本当にごめんなさい」と謝罪している。

『SATC』キム・キャトラル、低脂肪マーガリンの新しいコマーシャル・キャンペーンに参加

Monday, January 15, 2018

映画『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズで男好きする熟女サマンサを演じたキム・キャトラルが、低脂肪マーガリン「アイ・キャント・ビリーヴ・イッツ・ノット・バター」の新しい広告塔として就任した。 キム・キャトラル出演映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』場面写真 バターのような味を保ちつつ低脂肪低カロリーを実現し、アメリカではマーガリンの代表格とも言われるこの商品。PRサイトでは、キムはこのマーガリンについて、「まるですごく素敵でゴージャスな男性を見つけたら、その人がシングルだと分かったときのような楽しみがあるわ」とキムらしい表現でアピール。「おいしいものを、低カロリーで、しかも脂肪分も少なく楽しめる。女性が欲するものすべてかなえてくれるのよ」と語っている。3月からはキムが出演するコマーシャル放映が始まる予定だ。 また、デイリー・メール紙(電子版)では、キムは「食べるのは大好きだけど、そのため人生の大半をダイエットに費やしている」とコメント。役柄のためにスレンダーな体型を保つことについて「わたしの世代の女性たちはみんな、ジェーン・フォンダのエクササイズ・ビデオで育ってきたし、きれいな空気や毎日の運動、お水をたくさん飲むことが体にいいというのが、今になってわたしの人生に役立ってきたの。体の一部はダイエットなんて拒んでいるから難しいんだけど、運動のために早起きするわ。男性のためにダイエットするんじゃないのよ。自分自身のためにやるの」と語り、アラフィフ世代の体をスリムに、ヘルシーに保つ難しさについても語った。

林隆三、石巻ロケを行った作品の出演料を全額寄付 先行上映予定だった劇場も跡形も無く

Monday, January 15, 2018

東日本大震災で甚大な被害を受けた、宮城県石巻市をメインロケ地とする映画『エクレール~お菓子放浪記』に出演する林隆三が、出演料を全額被災地復興のために寄付したことがわかった。本作を先行上映する予定だった地元劇場は跡形もなく流され、製作に協力した県民の中には、いまだ行方不明となっている人もいるという。 映画『エクレール・お菓子放浪記』場面写真 本作は小説家・西村滋の自伝的小説「お菓子放浪記」を原作に、孤児の少年アキオ(吉井一肇)が、お菓子へのあこがれを胸に、第二次世界大戦後の混乱期を生きる姿を描いた作品。東日本大震災によって壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市をメインロケ地とし、昨年10月から撮影された。本作で、アキオが一時身を寄せる旅一座の座長を演じた林は、幼少期の6年間を仙台で過ごしたこともあって「みやぎ夢大使」に任命されている。ゆえに東北への思いは一層強かったようで、震災発生後、本作の出演料を復興支援のために全額寄付した。 本作の製作にあたっては、宮城県では映画を支えるための「宮城県民の会」が結成され、多くの県民がスタッフへの炊き出しやエキストラといった形で製作に参加。完成した作品は、4月中旬に東北での先行上映がされるはずだった。しかし、その矢先の3月11日に東日本大震災が発生。押し寄せた津波は、メインロケ地となった石巻市を一瞬でのみこみ、その町並すべてを破壊した。先行上映の場となるはずだった、同地の劇場、岡田劇場も跡形もなく流され、エキストラとして出演した市民の中には、いまだに行方がわかっていない人もいる。 こうして先行上映はもちろん、宮城県、岩手県、福島県で公開が見送りとなってしまった本作だが、製作関係者は、戦後の混乱期を舞台に「支え合う人の心のやさしさ」をテーマとしたこの作品を全国に届けることで東北の復興に向けた支援の輪を広げたいと、上映の取り組みやチャリティー活動を始めている。 本作を後援する全日本菓子協会は、被災地へのお菓子を送る支援を開始。まずは株式会社湖池屋からスナック菓子1,350ケース、株式会社エイワからマシュマロが200ケース送られた。この働きは、「宮城県民の会」を通じ、他メーカーからも継続して行われる予定。さらに、東京・神戸・福岡で行う一般試写会の会場では、義援金を寄付するための募金を募るということだ。 映画『エクレール~お菓子放浪記』は5月21日よりテアトル新宿で公開 その後全国順次公開予定

MISIA、ハリウッド映画で吹き替え初挑戦!美声とのギャップがすごいゾウの歌唱シーン!

Sunday, January 14, 2018

ソウルシンガーのMISIAが、映画『ペット』の制作スタジオが作り上げた新作アニメーション『SING/シング』で声優に初挑戦することが明らかになった。動物たちだけが暮らす世界を舞台にした本作でMISIAは、内気なゾウのミーナ役に挑戦。見た目とは裏腹に、圧巻の歌声を披露する本編映像も公開された。 知ってるけどやっぱウマイ!MISIA歌唱シーン 本作は『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・ピクチャーズが作り上げたミュージカルアニメ。人生を変えるため、コアラのバスター・ムーンがオーナーを務める劇場で開催される歌唱オーディションに参加した個性的な動物たちの奮闘を、ヒットソングと共に描き出す。 MISIAが声を担当するミーナは、内気で極度のあがり症だが、歌い出すと誰もが聞き惚れる抜群の歌唱力を持つ女の子。劇中では声の演技だけでなくもちろん歌声も披露しており、天使の歌声と呼ばれたジェフ・バックリィの名曲「Hallelujah」やスティーヴィー・ワンダーの「Don’t You Worry ’bout a Thing」を全身全霊で歌い上げる。 公開された本編映像はそんな彼女の美声とミーナの見た目とのギャップもユニークな歌唱シーン。遠くから聞こえる歌声に誘われたバスター・ムーンが、出所にたどり着くと、歌っているのはゾウのミーナ。常に自分の実力を発揮できず落ち込んでいた彼女は、バスターから「今みたいに歌えるかい? みんなの前で」と尋ねられたことをきっかけに、舞台に立つ決意を固める。 初体験の吹き替えにMISIAは「自分と同じように歌が大好きで、しかもミーナちゃんが歌っている歌が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせていただきました」とコメント。さまざまな歌唱スタイルを披露するミーナ役は「大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした」といい、「『ミーシャがミーナになった』ので、今回吹き替えにチャレンジしたことでミーナちゃん達と同じく『人生が変わるステージ』に私も立ったつもりで歌わせていただきました。新しいことにチャレンジすることは、人生が変わるステージに立つことでもあるなと思います」と語っている。実際にパワフルな歌声を持つMISIAにピッタリのハマり役になりそうだ。 本作には、バスター役の内村光良をはじめ、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、水樹奈々、谷山紀章など豪華キャストが参加する。